忍者ブログ
したらばSSスレの倉庫 兼 ネタブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。








メリー:お世話になりました。


フォリア:本当に帰るんですか?


メリー:ええ……少し、一人で考える時間を下さい。


フォリア:……判りました。


明日はこちらから伺わせて頂きますね。





サージャ:メリーさんは“死亡者”として雇い主には報告しておいたから


恐らくもう襲われる事はないだろう。


メリー:……苦労かけました。


サージャ:いいさ……気を付けて帰れよ。
















…………



















ウォルス:何か御用ですか、セージマスター。


セージマスター:ウォルス君……君に、言わねばならない事があってな……。


ウォルス:! ひ、ひょっとして……





ウォルス:また掃除してくれ、と……?


早くミリアリアさん帰ってきてくれませんかね……。


セージマスター:そうそう、掃除を…って、そうじゃない。


ウォルス:掃除…「そうじ」ゃない……やはり上手いですね。


セージマスター:君には負けるよ、ソージマスター君。





……げふん、ふざけるのはここまでじゃ。


ウォルス:はい。





セージマスター:……君の妹さんの事についてなんじゃが……


ウォルス:……待って下さい。





僕に妹なんていません。


セージマスター:……下らぬ嘘を吐くでない。


その程度の事、ギルド評議会なら簡単に調べられるのじゃぞ。


マエリベリー・花月。君とは一歳違いで、君を追うように地上へ来て――


ウォルス:やめて下さい!





メリーは……妹は、僕らを裏切ったんです……。


家族の期待を裏切ってSUではなくタタラベになって、


挙句の果てにはドミニオンと逃避行……


あんなの、僕の妹じゃ無い……っ。


セージマスター:……その割には、しっかり調べ取るのぅ。


ウォルス:…………。


セージマスター:いい年して、妹離れが出来ておらんようじゃの。


ウォルス:いい年して片付けが出来ない人に言われたくありません。


セージマスター:おやおや……琴線に触れてしまったかの。


じゃが、そんな事言っておる場合じゃないかも知れんぞ。





ウォルス:何ですか?


セージマスター:君の妹じゃが……





もう、この世の人じゃないかも知れん。


ウォルス:―――――――

















…………


















メリー:はあっ……はあっ……


ぜ、全部自分の足で歩くのがこんなに大変なんて……。





ふぅ……庭までもうちょっとだけど……少しだけ休もう……


……あれ、庭?





……ひょっとして……あの紐も、よじ登らないと……


む、無理……腕がもげる……!


だけど、今からフォリアさんの所に帰るのも……





……もう、やだ……!


どうしてこんな事になっちゃったの……!?


レッドも、ヴァルカンも、消えて……


兄さんにも嫌われて……















何で私、一人ぼっちなの――――















…………


セージマスター:――――





死体の回収は……状態が酷過ぎて出来なかったらしい。


そして、現場には――


ウォルス:あの…………マスタ-……





すみません、僕、気分がすぐれないので……ここで失礼します。


セージマスター:…………。















ウォルス:(邪神に襲われた?)


(馬鹿な。そんな馬鹿な話があるものか!)


(何かの間違いに違いない。


 あの図太い妹の事だ、今もどこかでのうのうと生き延びてる筈だ)


(そう、あの頃のように……)















…………



















(兄さん、これから地上での二人っきりの生活だね~)


(うん、いろいろ大変だろうけど、頑張ろうね)





(あ、あのね、兄さん。天界あっちにいた頃に


どうしても言えなかった事があったの)


(なんだい、メリー?)


(…………)


















(私ね……兄さんの事が――)

















(……やめてよ)


(兄さん!?)


(僕たちは兄妹なんだよ。なんで、なんでそんな事言うの?)


(どうして……兄さんは私の事、嫌い……!?)


(そうは言ってないよ……だけど)


(なら、抱きしめてよ……愛してるって言っ――)




















パン……ッ


















(あ…………)



















(兄さん………?)















(兄さんなんて……)















(ま、待ってメリー!)
















(兄さんなんて――)








































(大っ嫌い!)
















ウォルス:(僕の……僕の、僕のせいだ……っ!


僕が意気地無しだったから……メリーを愛してやれなかったから……!)



お願いだ……帰ってきてくれ……!





































……ひっく、レッド……兄さん……


















ウォルス:……空耳……?


(いや、兄さん、と言ってもいくらでも世の中にいる訳だし……)















…………う、うぇぇ……ひく……兄さん………















ウォルス:…………















そんなに都合の良い展開がある訳が無い。


だけど――


僕は、その声に、聞き覚えがある気がしてならなかった。


あの、僕の後ろをちょこちょこ付いてきた、泣き虫の声――














間違いでもいい。


それでも僕は、噴水の反対側へ――

























ウォルス:ねぇ、君はなんで泣いてるの?


メリー:え?


ウォルス:ほら、顔をあげて――















その時――


僕は奇跡の存在を信じた――




















兄さん…………っ!
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
管理人 こくてん
MMORPGエミルクロニクルオンライン
Cloverサーバーで活動中。
管理人室は ほぼ日刊で更新中。
連絡先は
bloodmoon495告hotmail.co.jp
(告を@に代えて下さい)

初めていらっしゃった方は
初めにを御一読下さい。

現在、更新を停止しております。
リンク
カレンダー
04 2017/05 06
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
嘘サーガ

2011年4月1日の嘘記事の残滓

2012年4月1日の嘘記事の残滓

2013年4月1日の嘘記事の残滓
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   ECOSS   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB2  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]