忍者ブログ
したらばSSスレの倉庫 兼 ネタブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





メリー:はぁー……。


寒くなってきたな……身も心も懐も。





私が地上で生活を初めて、既に半年が経過していた。

兄とは……同じくらい、逢っていない。

知らない人に囲まれての一人っきりの生活は

味気なく、つまらなく、そして寂しいものだった。

だが、私を拒絶した兄の下には戻れなかった。

涙を堪えて岩を叩き

修理キットを製造し販売して生計を立てる日々。

夢も、希望も、将来も、無縁。

何で私、生きてるんだろう。

そんな事すら考えていた、ある秋の日の事。


















…………





















メリー:(あ、修理キットの募集めっけ)


……


メリー(Wis):こんにちはー。金属修理キット銀、お売りしますよ。


???(Wis):おお、有難う。ダウンダウンの武器屋前でいいかい?





メリー(Wis):はいー。















…………



















メリー:お待たせしましたー。耐久19で宜しいですね?


???:おっ、有難――





!!!!


メリー:ど、どうしました……?


???:あ……い、いや、その……あああ、お代ね、はい。


メリー:?





有難う御座いましたー。また機会がありましたら宜し――


???:あああああのっ、あのさ!


メリー:?





???:なんだ、その……め、メリーさんってさ!


メリー:……?


???:えーと、えー……あ!





かっ、かかかかかか可愛いですねっ!


メリー:…………はいぃ!?






紅の鎧と赤髪紅眼、そしてそれに負けないくらい、赤面していた青年。

それがレッドの第一印象だった。

今思うと、可愛いのはどっちだ、って感じだ。















…………















ザシュッ





レッド:--って事があったんだよ。よっと。


メリー:ふぅーん、レッドさんって、やっぱり変わってますよね。


レッド:そうか?よく言われるんだが、自分じゃさっぱりだ。


メリー:そういうところが、変ってるんですよ。


……あ、誉めてますよ?






それからと言うもの。

レッドから、よく狩りのお誘いを受けるようになった。

私は戦闘面はからっきし駄目だったのだけど

『テントやエキスパンドでサポートしてくれるだけでも助かる』

というので、胸アクセに憑依していた。

まあ、私ひとりでは、いつまで経ってもLv上がりそうに無かったし。

それに……変わってるけど、嫌な感じは受けなかったから。


















メリー:もっと大事に扱わないと駄目ですよ。


レッド:す、すまん……つい、張り切っちまってな。


優秀なサポートもいる事だし。


メリー:んもう、お世辞言っても無駄ですよ。


武器も体も大事にしないと、一流の剣士になれませんよ。





レッドは前線で戦闘、私はそのサポート。

いつしか、そんな関係が生まれていた。

まだ、恋人らしい間柄だった訳じゃない。

だけど、私は幸せで―――





もう寒くなかった――。















…………


















レッドと狩るようになって、およそ半年――

ある春の日、私たちはサウスに向かった。

レッドはブレイドマスターに

私はブラックスミスになる為に――

















サラマンドラ:体に宿すための、マリオネット・サラマンドラは?


メリー:はい、ここに――


レッド:あ、待ってくれないか。





レッド:このサラマンドラを、使って欲しいんだ……。


メリー:え?レッドさん、サラマンドラ持ってたんですか?


レッド:ああ。メリーと一緒に狩るようになる前は


毎日のように使っていたんだが……。


サラマンドラ:……良かろう。


ホムラ様、この者に力を――


















レッドのサラマンドラ:……こうして話すのは、初めてだな。


レッド:ああ……お前は、怒ってるだろうな。


レッドのサラマンドラ:…………。


レッド:さんざん酷使して、メリーと一緒になった途端カバンの奥にしまい込まれて

挙句の果てには、メリーの転職の為の贄にされるんだから。


レッドのサラマンドラ:……いい気はしないな、確かに。


レッド:御免……だけど、これだけは約束する……。





レッド:お前がメリーに宿った後も……


俺は……ずっと、ずっと、メリーの中のお前と一緒だ!


メリー:(…………え?)





レッド:だから、もう前みたいに一緒に戦う事は出来なくても


傍で俺を……俺たちを、見守り続けてくれ。


メリー:(レッドさん、それって……)


レッドのサラマンドラ:…………。





レッドのサラマンドラ:つくづく熱い男だな、お前は。


ま、いいだろう……お前の言葉を信じて、その娘とお前を加護しよう。





レッドのサラマンドラ:娘……ああ、メリーと言ったか?


メリー:は、はい……。


レッドのサラマンドラ:と言う訳で、私はお前と契約し、お前の一部となる。


……ひいては、名が欲しいのだ。


メリー:名前?


レッドのサラマンドラ:これは決まりのようなものでな。


契約には名が必要なのだ。


メリー:……レッドさん、決めますか?


レッド:……そうだな……なら、俺の好きな神話の火神の名を取って――





――Vulcanヴァルカン――


メリー:いい名前ね……


ヴァルカン:ああ、いい名だ……
















((有難う、レッド))

















…………



















レッド:うーん……見事な夕日だ。


二人とも転職試験終わったし、今日はいい日だな……。


メリー:……。





あの、レッドさん。


レッド:……何だ。


メリー:さっき、ヴァルカンに言ったのは……


レッド:…………





……ああ、本当に綺麗な夕日だ。


メリー:……。


レッド:俺さ……メリーと…………




















ずっと一緒に、この夕日を見ていたいんだ――――

メリー:……!






今考えれば、笑っちゃうような気障な告白。

だけど、私を落とすには――































十分過ぎる、一撃だった。
































…………















…………













レッド:ふー……。





メリー:~♪ねぇ、レッドさん。


レッド:呼び捨てでいい、って言ったじゃん。あと敬語も駄目だって。


メリー:あ、御免。


レッド:それで、何だメリー?


メリー:今、レッドは幸せかなって。


レッド:ああ……これ以上幸せになったら死ぬってくらいにな。


メリーはどうだ?





初めてを終えた感想は。


メリー:え゙。


レッド:ほらほら、今後の為にぜひ聞かせてくれよ。


メリー:こ、この助平剣士が……!


……でも、そうだね……





考えないとね、今後の事。


レッド:あらら、シリアスモード入ったか。


メリー:ふざけてる場合じゃないよ。


私たち、タイタニアとドミニオンなんだよ?


レッド:判ってる……この先、果てしない障害が待ってる事くらい。


だけど――


二人でなら、乗り越えて行ける……俺はそう思う。





メリー、サウスに戻ったら、俺の為に一本剣を打ってくれ。


ブラックスミスなら、製造許可が出てるだろう?


メリー:造る事は出来るけど……初めてだし、いい剣は――


レッド:いいんだ。お前が初めて打つ剣で戦える……


それだけで、俺は負ける気がしないんだ。


だから、頼むよ。





メリー:……うん、判った!















…………















そして、私は剣を打った。





レッドへの愛の証として。


私達の将来の為に。





全てを、この一本に賭ける――





そして、完成した。


私とレッドの未来を切り開き


幸せへと導く剣





――グリランドリー――
















そして















悲劇は幕を開ける――。

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
おお、なんか久々に本編シリアスな話の流れ
メリーの羽がない理由なども明かされるんでしょうか?楽しみに続編待ちます
ルピの読者| | 2008/12/03(Wed)23:59:12| 編集
無題
ルピの読者さん、コメント有難う御座いました。
ルピなんて遠いところからわざわざ有難う御座います。

ここぞとばかりに、過去の物語を大爆発させております。
羽無い理由、全裸な理由、女装な理由、駄洒落な理由、鼻血な理由、クホな理由、僕がダンサーになった理由などなど
ECOSSに纏わる数々の謎が解明――

――されるといいんですけどね。
(何も考えてません)


ああ、あと。




し、シリアスじゃないんだからねっ!
メリー| | 2008/12/06(Sat)16:34:10| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
管理人 こくてん
MMORPGエミルクロニクルオンライン
Cloverサーバーで活動中。
管理人室は ほぼ日刊で更新中。
連絡先は
bloodmoon495告hotmail.co.jp
(告を@に代えて下さい)

初めていらっしゃった方は
初めにを御一読下さい。

現在、更新を停止しております。
リンク
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
嘘サーガ

2011年4月1日の嘘記事の残滓

2012年4月1日の嘘記事の残滓

2013年4月1日の嘘記事の残滓
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   ECOSS   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB2  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]