忍者ブログ
したらばSSスレの倉庫 兼 ネタブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。














レッド:(体が……動かない!?)


フォリア:メリーさん、この槍は……。





メリー:説明は後だ!グリランドリーを全力で叩く!


レッド:(や、やめて!!そんなことしたらレッドが……!)


メリー:砕けろォォォォォ!





レッド:あああああ!





メリー:!?


フォリア:な……!?





レッド:ぐ…………き……効いたわよ、今のは……


ちょっとだけ、刀身が曲がったじゃない……だけど、判ったでしょ。


メリー:……ただレッドを操ってるだけじゃないのか……。


レッド:そうよ。





この肉体は、魔力で形成した仮初めの体。


『本物』のレッドの肉体も精神も、刀身に居るのよ。


つまり、憑依状態、って事ね。


メリー:……そうか、憑依中の武器を攻撃したら……


レッド:私に『憑依』しているレッドにダメージが行く……


私を壊すほどのダメージが行けば……レッドは絶対に死ぬわ。


フォリア:そんな……!


レッド:これで判ったでしょ?





貴女は、永遠にレッドを取り戻せないのよ!





フォリア:……人質、ですか。


レッド:そうとも言うわね。


でも、私の要求は簡単よ。





私達を、追わないで。


もうレッドは死んだと思って、新しい人生を生きなさい。


…それが私の慈悲よ。





メリー:くっ……勝手な事を!


フォリア:メリーさん……。


メリー:一旦、体勢を立て直そう……きっと、方法はある……。




















レッド救出はふりだしに戻った。


物理的にグリランドリーを破壊する事は出来ないと判った以上


拳と鎚で戦う私には、なす術が全く無かった。


しかし落ち込んではいられない。


私は打開策を求め、兄を訪ねた――




















メリー:書から学べ、ったって……


こんな厚い本読むなんて、久々な気が……。


ウォルス:ここにあるの全部読破したら


セージマスターから、本棚数架分借りてくるから。


メリー:うう……。


いつからこんな、頭脳労働が苦手になったんだろう……。





ウォルス:頑張ろっ。レッド助けるためでしょ。


メリー:うん……あー、兄さん、このスペルなんて読むの……。


ウォルス:(……フォリアさんと交代させた方が賢明だろうか)
















…………




















サージャ:んー…難しい事になったなぁ。





フォリア:サボってないで、そっちのトルクレンチ取ってください。


サージャ:はいはい……。


しかし、こればっかりは、俺みたいに力で捩じ伏せるタイプには


どうしようもないしな……せいぜいレッドテイルの修理をするぐらいか。


フォリア:…………。


サージャ:手が止まってるぞ。


フォリア:サージャさんもね。


サージャさん、実は術使えますよね?それも高位魔術が。


サージャ:何の事だ。ああ……基盤コゲてら……。


フォリア:私を遠距離転位させましたね、昨夜。


サージャ:あれは大した術じゃない。手品みたいなもんさ。


フォリア:…………。





そうやって……いつもはぐらかして、ヘタレなフリをして、女の恰好して……。


サージャ:女装でもいいだろ、別に。





俺は美しすぎるからな……野郎用の服を着せておくのは勿体ない。


フォリア:…………。(何割ぐらい本気で言ってるんだろ)


サージャ:そう言えば……その槍はどうした?





フォリア:ああ、これは……。















メリー:最初の姿を見ただろう。


あの見た目通り……その槍は植物のように“生長”するんだ。


持主の危機を感じ取り、それを栄養にしてな。












サージャ:……また危なげな武器を。


フォリア:大丈夫ですよ。これは私がちゃんと管理しますから。





サージャ:……だから怖いんだよ。





フォリア:……何か言いました?


サージャ:い、いや、別に……な、何かパワー貯めるなー!

















…………



















ウォルス:こ、これは……!


メリー:ん?どしたの兄さん。


その薄汚い本に何か書いてあった?


ウォルス:『人の創造物のみ破壊する力』に関する記述があったんだ……


メリー:!





メリー:……ごめん、これ何語?


ウォルス:ナアカル・コード。


メリー:……神官文字なんて読めないよ。兄さん訳して。


ウォルス:はいはい、えーっと……



















――かつて、邪悪なる神の力あり――


――生命に一切危害を加えぬ代わりに、人の産み出した物を尽く破壊す――


――その神、桃色なる獣の姿を借りて人前に降りん――


――その力……人はこう呼び、恐れ敬った――

























――クホ、と――
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
まだだ、まだ油断はならん……!

しかし、同じような方を向いてネタを書いている身として思う。

最後の2枚のSSを出したいがために、ここまでの展開はあったんじゃないだろうか、と……(
ECO家| | 2008/12/11(Thu)16:58:35| 編集
無題
>>ECO家さん

思った以上にネタ受けをして嬉しいやら悲しいやら(

しかし、これもECOSSの大いなる罠のほんの序章に過ぎないのであった――

   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ミ
  /   ,――――-ミ
 /  /  /   \ |
 |  /   ,(・) (・) |
  (6       つ  |
  |      ___  |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |      /__/ /  < なわけねぇだろ!
/|         /\   \__________
メリー| | 2008/12/13(Sat)04:26:21| 編集
無題
あ、ちょっとズレた……(
メリー| | 2008/12/13(Sat)04:26:49| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
管理人 こくてん
MMORPGエミルクロニクルオンライン
Cloverサーバーで活動中。
管理人室は ほぼ日刊で更新中。
連絡先は
bloodmoon495告hotmail.co.jp
(告を@に代えて下さい)

初めていらっしゃった方は
初めにを御一読下さい。

現在、更新を停止しております。
リンク
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
嘘サーガ

2011年4月1日の嘘記事の残滓

2012年4月1日の嘘記事の残滓

2013年4月1日の嘘記事の残滓
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   ECOSS   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB2  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]