忍者ブログ
したらばSSスレの倉庫 兼 ネタブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





邪神:どう、このプレッシャー!メリーと同じ悪夢を味あわせてあげる!


サージャ:くっ……やっぱりお前が吸収してたか!





フォリア:サージャさん!


サージャ:来るぞ!





邪神:Gaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa!





サージャ:ぐっ……


フォリア:きっ、きゃぁぁぁぁぁぁぁ!





パキィィィン





邪神:DiiiiiiAaaaaaaaaaa!


サージャ:(マズい!)





サージャ:フォリア、悪いっ!








邪神:貴女、何をしたの!?


サージャ:いや、別に?





――それすらも出来ない、って事は…本当に下位の邪神のようだな。


邪神:……今、何か言わなかった!?


サージャ:ま、いいや。


逃げるなり追うなりするなら――





――この俺を負かしてからにしな。





















メリー:……………





カンカンカンカンカンカンキンッ


メリー:うーむ、素材のお陰もあるだろうが


またトンデモ武器が出来上がってしまった……。





フォリア:う……………


メリー:!?





フォリア:メ……リー……さ……


メリー:お、おい、どうしたんだ!?しっかりしろ!


フォリア:…………サー……ジャ……





……さん……を…………。



















邪神:NnnnnnnnnnNooooooooo!






サージャ:ぐはぁ痛ぇ!……けど死ななーっい!



邪神:SiiiiiiiiiGyaaaaaaaaaa!





サージャ:いたたたたでもノーダメージッ!



邪神:あ、貴女、一体何者…………まさか、本当に――



サージャ:そりゃ、企業秘密……だ。


それより……そろそろだと思う……んだが。


邪神:む……?


サージャ:邪神を使役してるんだ……





そっちの精神の摩耗も……そろそろ限界じゃないのか?


って意味……



邪神:……く……。





レッド:見抜かれてたか……


だけどそちらも、息が上がっているわよ。


サージャ:あぁ……この体にはちょーっとキツい力だからな……。


今逃げられたら追えないなぁ……。


レッド:それは、逃げろ、って意味かしら。


それとも、メリーを殺しに行けって事?





サージャ:好きにしなよ……ちょっと海で泳いでくら。





ヒュ――――――――――――ザブンッ






メリー:…………一体何なのよ。











……











メリー:……フォリア。


フォリア:……ぐー……。


メリー:すまない、私の為にこんな無茶をさせてしまって……。





……謝ってばかりだな、私……


一体、どれだけ人に頼って迷惑ばかりかければ気が済むんだろ。


次こそ、グリランドリーを叩き折って終わりにさせてやる――





レッド:そんな大口叩いて大丈夫なの?


今一人なんでしょ?


メリー:!





レッド:消えなさい――


















サージャ:あー……疲れた。





そろそろ、グリランドリーがメリーさんとこに着いた頃合いかな……。


……この危機を、乗り越えて見せろ、フォリア。


でなければ……一生、俺を……殺すことなど出来ないぞ……。


……





あ゙ー、レッドテイルの残骸……サルベージしないと……。


あれのチューン、大変なんだぞ、くそぉぉ……。



























レッド:強くなった――と思ったけど


油断しなければ、どうってことないわね。


メリー:……それはお前の実力じゃない……レッドの力だ。


レッド:どっちも同じよ――だってレッドはもう私のものなんだから。


愛する人の手で、今度こそ――地獄に落ちなさ――


フォリア:地獄に落ちるのは貴女ですーっ!





フォリアナッコォ!


レッド:げっふうっ!?





メリー:礼を言うよ、フォリア。


フォリア:起きるのが後ちょっと遅かったらヤバかったですね。


メリー:全くだ……情けないな私……。


フォリア:そんな事ないですよ。


それより、何か武器を下さい。


流石にこれ以上素手喧嘩はしたくないです。


メリー:……判った。


先ほど出来上がったばかりだが……この槍、フォリアになら託せる。


フォリア:?





















レッド:いたた……内臓、破裂したらどうするのよ……。


フォリア:あれでも手加減しましたよ。


武器を構えて下さい……今度は負けません。





私にはこの、貴女と同じ、メリーさん印の槍が……


グリランドリー:……


フォリア:槍がー……





槍GA!?


なななななんですかこれっ!?


グリランドリー:……それで、私を倒すと?素手の方が強いんじゃない……。


フォリア:め、メリーさん、この棒切れで戦うんですかー!?


メリー:私はフォリアを信じるよ。だからその槍を信じろ!


フォリア:言葉は嬉しいけど無茶な!


グリランドリー:その棒ごと叩き切る!





フォリア:きゃ、た、タンマ!タンマー!






















第二級危機状況感知


強制“生長”過程始動






最適形状/最適能力検索中...






検索終了/形体1087/暫定能力名称...







――Fossil Oak――


強制“生長”過程終了








フォリア:…………あ、あれ?


メリー:ほほう……!


フォリア:槍の形が変わって……





レッドさんが……止まってる……!?
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
管理人 こくてん
MMORPGエミルクロニクルオンライン
Cloverサーバーで活動中。
管理人室は ほぼ日刊で更新中。
連絡先は
bloodmoon495告hotmail.co.jp
(告を@に代えて下さい)

初めていらっしゃった方は
初めにを御一読下さい。

現在、更新を停止しております。
リンク
カレンダー
04 2017/05 06
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
嘘サーガ

2011年4月1日の嘘記事の残滓

2012年4月1日の嘘記事の残滓

2013年4月1日の嘘記事の残滓
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   ECOSS   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB2  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]