忍者ブログ
したらばSSスレの倉庫 兼 ネタブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




……アンタ誰?










レッド:……え?

メリー:あ





メリー:お客さんでしたか!

レッド:え。(おいおい!?)

メリー:失礼しました。普段は顔見知りしか来店しないもんで。

レッド:あー……(ひとつ、騙してみるか)





レッド:そ、そうなんだ!

ここの女店主がいい剣を創ると聞いてね……思わず足を運んでしまったんだ。

お邪魔だったかな?

メリー:いえいえ、とんでもない。

どの様な剣をお求めですか?

どんな注文でも承りますよ。





レッド:じゃあ、この俺に似合う剣を創ってくれ……とか、駄目か?

メリー:ははは。いいですよ。





メリー:見たところ重剣士ヘビーブレイドのようですね。

カッコいいお兄さんに似合う、両手剣を創り上げて見せますよ。

料金は前払いになりますが、宜しいですか?

レッド:ああ、構わない。

(完全に俺のこと、別人だと思ってやがるな……)

じゃあ、来週あたりにまた来……





レッド:……?

メリー:じー

レッド:(おい……『俺』に見とれてるんじゃないだろうな)

メリー:あの、お客さん……

レッド:なな、なんだ?

メリー:なんで、救急ランプなんてアホ装備してるんですか?

折角のイケメンが台無しですよ?

レッド:い、今、これしかなくてね。(今のは結構痛いぞ!)

メリー:そうでしたか。





もし宜しければ……これ、お持ち下さい。

レッド:これは……クジ品じゃないか。いいのか?

メリー:ええ。私からの、バレンタインデープレゼントだと思って受け取って下さい。

レッド:……有難く、頂戴する。(…………)





























(……ぜんっぜん気がつかなかったな、メリー。

 髪型と服を変えた……もとい、着ただけだっていうのに)







(それどころか……『俺』に惚れてるんじゃないだろうな。

 おとめ座の麦藁帽子バレンタインデープレゼントまでくれて……

 『俺』は俺だけど、だけどレッドじゃないんだぞ……?)







(……いっそ、元のレッドの存在を消して

 『俺』として生きるのもアリなのか?


 その方が、メリーに愛してもらえるなら、俺は……)





























レッド:お邪魔します。





メリー:いらっしゃいませ!





メリー:お客さんの注文した剣、完成してますよ。

はい、お確かめ下さい。





レッド:おお……いいウリエガノフだ。

評判通りの腕前だな。

メリー:魂込めて創りましたから。

レッド:……そうか……(メリー、やっぱり『俺』の事を……?)

メリー:お気に召したなら、また来て下さいね。

レッド:あ、ああ…………ん?





メリー:どうかしましたか?

レッド:作業台の上にフランベルジュが置いてあるけど、他のも創ってたのか?

メリー:ああ、ちょっと打ち直しを終えて研磨を……

気になるなら、持ってみますか?

レッド:ああ。

よいしょ…………こ、これは……!?






(ななななんだ!?

 力が……燃えるような波動が刀身全体から伝わってくる!

 さっきのウリエガノフの1000倍うまく闘えそうだぜ……

 ウチにこんな魔剣があったのか!?)

すげぇなこりゃ……

メリー:気に入りましたか?

だけど、売り物じゃないんですよ、すみません。

レッド:あ、そうなのか。

メリー:ええ、それは……思い出の剣でしてね。

私の…………恋人の物です。





レッド:え……?

メリー:私が初めて創った剣がそれで、

それを買ってくれたのが、私の恋人なんです。





メリー:まだブラックスミスとして未熟だった頃に創った剣だから

あまり質も良くなかったんですけどね……

彼は、それを随分長く愛用してくれて……私もその傍で、それの手入れを続けて。

いい加減限界が来て、最近はチェインソードやスタンブレイドを使わせてましたが。





で。ついこの前キレた時、思わず月面までブッ飛ばしてしまいまして。

ちょっとやりすぎたかなぁ……と思って、その剣を久々に鍛えたんです。

仲直りの印というか、長らく忘れていた純情な愛の証というか。

だけど……手遅れだったかもしれない。

あれから一週間以上経つのに、帰って来ません。

死んでる事はないと思いますが、もう、私に愛想尽かしたのかも……

レッド:そ、そんな事ないッ!





メリー:え……?

レッド:あ、いや……

じ、自分がその立場だとしたら、そう思う。

メリー……さんが、そいつの事をまだ強く想ってるなら、

その気持ちは伝わってると思うし、

それなら、絶対そいつは帰ってくる!

……根拠はないけど。

メリー:……

レッド:すまん、変なこと言って……。





メリー:いえ、有難う御座いました。

ちょっと元気出ました。

レッド:そっか……なら、いいんだ。

じゃあそろそろ帰るよ。

こんな所、恋人に見られて誤解でもされたら厄介だろう。

メリー:ははは…………あ、お客さん、待ってください。

レッド:ん?





メリー:お客さんの名前……教えていただけませんか?





えっ!?







次回、急展開。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
管理人 こくてん
MMORPGエミルクロニクルオンライン
Cloverサーバーで活動中。
管理人室は ほぼ日刊で更新中。
連絡先は
bloodmoon495告hotmail.co.jp
(告を@に代えて下さい)

初めていらっしゃった方は
初めにを御一読下さい。

現在、更新を停止しております。
リンク
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
嘘サーガ

2011年4月1日の嘘記事の残滓

2012年4月1日の嘘記事の残滓

2013年4月1日の嘘記事の残滓
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   ECOSS   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB2  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]