忍者ブログ
したらばSSスレの倉庫 兼 ネタブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。
















テメェの都合なんざ知るか!メリーだけは渡さねぇ!!


















やはり、カス、だな。お前は。















父として子らに命じます――剣を納めなさい。





















(俺は…………誰なんだ……)
















…………























ウォルス:……御影さんの保護者として……その提案に従うのは、気が進みません。


それに、あの男が協力してくれるとも限りませんし……。


フォリア:ですが、それしか無いんです。


誰も死なず、そして目的を達せられる方法は。


ウォルス:それが……メリーの望み、ですか……。





フォリア:……このままだと、きっとメリーさんは


……勝っても負けても、傷つきます。


ウォルス:……判りました。彼の協力を仰ぎましょう。


御影さん、ちょっと出かけてきます。





御影:えっ?


フォリア:ちょっとウォルスさんをお借りしますよ。


ウォルス:今晩は帰れないかも知れませんので、先に寝てて下さい。


御影:ね、ねぇ、私も……一緒に――





ウォルス:駄目です……。


御影:どうして……?


ウォルス:えーと……危険だからです。





御影:聞いてたよ……『博士』って人に、会うんでしょ?


ウォルス:!


……だから、駄目です。彼は――





御影:だから、行きたいの。


ウォルス:え……?


御影:お願い、ウォルス……小ウォルスもこっちきて一緒にお願いしよ。





御影:(じっ)


小ウォルス:(じっ)


ウォルス:ううう……っ。





フォリア:ふふふ、本人に覚悟があるなら、いいんじゃないですか?


不審な行動を見せたら、私の槍が黙ってません。


ね?(じっ)


ウォルス:……女の子って怖いですね。


やれやれ……御影さん、コート着て下さい。


御影:うんっ。





これでいい?


ウォルス:あと、この間あげたマフラーも巻いて行ったほうがいいですよ。





御影:♪


小ウォルス:♪


フォリア:あら、ウォルスさんの手編みですか?


ウォルス:え、ええ、まあ……。


御影:えへへ……。


フォリア:羨ましいなぁ。


ウォルス:欲しいなら、フォリアさんにも編んで上げましょうか?


御影:あったかいよー。


フォリア:いえ、そうではなくて。





そんな素敵な彼氏が私も欲しいな~って。


御影:駄目っ、ウォルスはあげないっ。


ウォルス:あ、あはは……。




























メリー:……以上よ。


レッド:なぁ、メリー……


メリー:……信じられない……?


レッド:いや、信じるよ……俺は馬鹿だからな。


メリー:どういう理屈だ……。





レッド:……だけど、どうしても聞きたい事が一つある。


メリー:何?


レッド:どうして……黙ってたんだ?


メリー:……それが、一番いいと思ったからよ。


レッド:何だと……!?





レッド:さっきも言ったけど……黙ってりゃ、俺が喜ぶと思ったのか!


メリー:……なら、今まで幸せじゃなかった?


レッド:幸せだったさ。


毎日、お前と一緒にいられて幸せじゃないわけねぇだろ。


だけどよ――許せねぇんだよ、悔しいんだよ!





お前が、俺に黙って事実を背負い込んでた事が!


俺の事、そんなに信用できなかったのか……?


そんなに俺は頼れない男か!?


メリー:誰も、そんな事は――


レッド:だってそうじゃねぇか……


なんで、そんな他人行儀なんだよ……





俺は、お前と悲しみも分かち合いたかったんだよ……!
















…………




















博士:夜中に何かと思いきや……





獄中まで、そんな事を依頼しに来るとはな。


何で俺が投獄されてたと思ってんだ……大体





そいつらも一緒ってどういうこった。


一年前、何があったか忘れたわけじゃあるまい。





フォリア:黙りなさい中年。


出来るのか、出来ないのかはっきりして下さい。


博士:最近の10代は怖ぇな……


……長めに見積もっても、使えるのは12時間だろ?





12歳程度までなら、なんとか成長させる事が出来るだろう。


肉体だけなら、な。


フォリア:それなら問題は無いです。


博士:だが、俺に支払われる報酬は何だ?


囚人だからってタダ働きするつもりは無い。





……『被験体1084』を返すと言うなら、文句は言わないが。


ウォルス:ふ、ふざけないで下さい!


フォリア:報酬は“釈放”です。北軍か評議会の監視は付きますが。


博士:一体どんなコネを持ってるんだお前ら……


仕方ない、その報酬で満足する事にして仕事をしてやろう。





見せてやるよ、この『博士』の研究の結晶をな。


元になる生体情報はあるのか?


フォリア:はい、この翼を……。





ウォルス:それは……!


博士:本当に謎の多い連中だな。


ま、良かろう。貴様らも手伝えよ。
















…………






















メリー:……ごめん。


レッド:いや……俺も言い過ぎた。


別に悪気があって隠してたわけじゃないって事くらい、判ってるさ。


だけど、次そういう事したら……


本気で怒るからな!嫌いになるからな!


メリー:判った、もう隠し事は、しない…約束する。





レッド:よし、明日のことを考えようぜ!


メリー:へ……随分、あっさりしてるね?


レッド:長々と喋らせておいて悪いが……実は、過去になんて興味ない。


聞いたからって、何か変わる必要も無いしな。


明日にゃ忘れてるかも知れねぇ。なんてったって





俺は馬鹿だからな。


今が楽しければ、それでいいんだ。


メリーは……違うか?


メリー:え……





私だって、楽しい事は大好き……だけど


他人が傷つけてまで、幸せを掴む勇気は無いよ……。


……レッド……“自分”を殺せる?


私は……出来ない。死にたくないけど、殺す事も出来ない……。





レッド:はっ!何だ、なら簡単じゃねぇか。


目的は一つ、あとはどうすりゃいいか、考えるだけさ!





誰一人として死なせやしない。


無い知恵絞って、方法を考えようぜ。















…………




















リン:ん………………っ…………
















レッド:愛いな……リン。


唇も肩も腰も臍も愛いが……その心が何よりも俺は愛しい。


リン:有難う……レッド。


私も……貴方に贈られた名前で呼ばれるの、大好き。


レッド:ふふ……これから、何度でも呼んでやるさ……。


さて……名残惜しいが、そろそろ実体化を解くんだ。





リン:え、まだ3分……それにキスしか――


レッド:明日は決戦だ。


俺もお前も、相当消費する筈――無用な実体化での魔力の放出は避けるべきだ。





リン:うん…………判った……。





レッド:すまないな、リン……


一日中魔物を狩り尽くしても、僅か数分しかお前を愛してやれん。


だが、明日、お前は肉体を手に入れるのだ。


お前を造りお前を殺そうとした、あの女の……。


リン:レッド……どうしても、メリーを殺さないとならないの……?


レッド:大丈夫だよ、リン。これは当然の報いなんだ。


お前が気にする事は、何もない。


リン:…………。





(僅かな時間しか触れ合えないとしても、


レッドといられるなら、私は満足……。


だけど今更、そんな事は言えない……。


きっとレッドだって、こんな剣女じゃ満足出来ないんだ……)

















(御免、メリーともう一人のレッド……


貴方達の幸せ、奪いに行くよ……)


















…………





















レッド:ぐがー……。





メリー:……よし、よく寝てる……流石マジック謹製の睡眠薬。





御免ね、レッド。


でも、貴方は甘過ぎる。そして優し過ぎる。


……だから好きになったんだけどさ。





(とりあえず話し合って、みんな幸せになれる解決法を探そうぜ!


俺達にはたくさん仲間がいるじゃねぇか。


きっとどうにかなる!だから殺し合いなんて物騒な真似は止めようぜ)





馬鹿だね、昨日のもう一人のレッドの目付き見てなかったの?





あの眼は、目的のためなら平気で人も殺せる眼だよ。


私は、貴方に理想を捨てろとは言わないけど


理想に殉じては欲しくない……。





だから今度は、私が貴方の代わりに血に濡れる。


私が勝っても負けても、もう貴方は狙われない。





私は、貴方に嫌われても――貴方を死なせたくない。


…………一応言っておくよ。




















――――さよなら。












…………
















???:よぉ兄弟。


メリー:!





サージャ:一人で行くなんて、随分と酷い事するな?


メリー:サージャ……何処にいたんだ?


サージャ:レッドのパパさんに、酒呑みながら経緯を説明してた。


いやぁ、流石名家、いい酒が揃ってたよ。


メリー:……来るのか?





サージャ:俺が本気出して蹴散らしちまえば一件落着なんだが……


親友の気高い決意を、無駄には出来ない。


邪魔が入った場合だけ、俺が出てやる。


……審判ジャッジマンって感じか?


メリー:相変わらず掴みどころが無いな。





だけど――元気出た、有難う。


サージャ:勝ちに行く人間の目になったな。


よーし、じゃあ行こうぜ。





メリー:あ、そう言えば、フォリアはアクロに戻ったって言ってたけど……


何しに行ったのか聞いてる?


サージャ:聞いてない……が、どうせ御節介だろ、気にするな。


メリー:はあ……。
















…………






















ウォルス:……すー……


御影:くー……


小ウォルス:かー……


博士:餓鬼は気楽でいいな。


こっちは……時間的にそろそろ仕上げだな。





成長加速術式、全停止。





フォリア:おお……魂は入ってませんよね?


博士:入ってない……ってか、こんな速度で育てても定着しないんだよな。


だから、ただ目覚めさせても廃人確定だ。


フォリア:予定通り、好都合です。





博士:事情を詳しく聞いてないから何とも言えんが


これ以上の責任は持たんぞ。


フォリア:十分です。本当に、有難う御座いました。


博士:誠意は報酬で示せ。貴様らは信用ならんからな。


そういえば、足りない遺伝情報をあの餓鬼の髪から抽出したから


セージの紋章が宿ってる。元の遺伝子はタタラベだが…いいのか?


フォリア:大事の前の小事です。





博士:そうか。じゃ、とっとと連れてけ。


北軍の奴らに頼めば、服も用意して庭まで運んでくれるだろう。





フォリア:はい、それでは。


釈放の件は、近日中に必ず。


博士:忘れるなよ。

























博士:さて……















…………






































レッド:……

















畜生……メリーの……メリーの…………

















メリーの大馬鹿ヤロ―――――――ッ!
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
管理人 こくてん
MMORPGエミルクロニクルオンライン
Cloverサーバーで活動中。
管理人室は ほぼ日刊で更新中。
連絡先は
bloodmoon495告hotmail.co.jp
(告を@に代えて下さい)

初めていらっしゃった方は
初めにを御一読下さい。

現在、更新を停止しております。
リンク
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
嘘サーガ

2011年4月1日の嘘記事の残滓

2012年4月1日の嘘記事の残滓

2013年4月1日の嘘記事の残滓
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   ECOSS   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB2  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]