忍者ブログ
したらばSSスレの倉庫 兼 ネタブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。













???:ふんッ!


???:強制憑依!





グギュゥゥゥゥゥ……



















???:こんなもんでどうだ、リン?


リン:うん、この数の魔物なら、まず負けないと思う。


レッド:そうか……いよいよ、だな。





待ってろよ、リン……お前に、人の肉体を……


お前だけの体を与えてやる――


リン:…………うん…………


???:この世界に、『俺達』は一組だけでいいんだ……!















…………



















フォリア:(サージャさんが帰ってきたら、お夕飯の買い物でも行こうかな。


あ、ついでに洗剤とお米も持ってもらおっと)





サージャ:おい、フォリア!


フォリア:あら、おかえりなさい。夕飯は何がいいですか?


サージャ:そーだな、寒くなってきたしボルシチでも――


……いや、そんな悠長なこと言ってる場合じゃないんだ。


フォリア:?





サージャ:メリーさん達はどこだ?


フォリア:先ほど、二人で出掛けましたよ。


今頃、二人っきりで思いっきりイチャイチャしてるんだろうなぁ……。


サージャ:どこら辺にいるか判るか!?


フォリア:レイヤーに行くとか言ってたので、今頃は天塔じゃないですかね。





サージャ:よし、モーグ炭取って来い!急いで追うぞ!


まだ何事も無ければいいが……。


フォリア:え、ちょ、ちょっと待って下さいよ?


一体何があったんですか?


サージャ:何もこうも無い……あの剣はまだメリーさん達を狙ってるかも知れないんだ!





フォリア:剣…………まさか…………!


サージャ:そうだ、グリランドリーと……もう一人のレッドだ……。














…………



















レッド:そうだメリー、水着持ってきたか?


メリー:……12月なのに泳ぐ気?





レッド:レイヤーは年中暖かいぜ。


持ってきてないのかよ?


メリー:当たり前でしょ。


レッド:残念だな……お前の水着姿、楽しみだったのに……。





メリー:もしかして、水着目当てでレイヤーに?


レッド:いや、お前と行けるならどこでも良かったんだが…


ついでなら色っぽい格好も見てぇな、っと。


メリー:全く……本当に助平なんだから…。





レッド:お前が可愛いから仕方がないっ!


メリー:誉めるフリして責任転嫁するんじゃないっ!
















……

















???:――見てて腹が立ってくるな。さっそく殺るか。


リン:う、うん。





――――暴竜、リリース。


???:女は傷つけないようにな。


リン、お前の体になるんだから――。





















レッド:ん、何だこの足音……?


メリー:レッド、前!





!?


メリー:レッドー!





レッド:ぐ…………ってぇなあこの野郎……!


メリー:(マズい、ワイルドドラゴは私達二人じゃ荷が重い……)


(だけど、なんでこんなところに……!?)





メリー:来い!貴方の相手は私だ!


レッド:ま、待てよ……。





レッド:お、おいドラ公!今のは……不意打ち食らっただけだ!


正面からかかってきやがれ!


メリー:格好つけやがって……。
















???:威勢だけはいいな……だが、お前のような不完全なヤツに





愛する女を護る力など……有る筈がない。















…………



































執事風の男:将軍、ポイントA-3、地上部にて戦闘中の模様。





給仕風の女:数名の他、大形獣一体の存在を確認~。


あのエリアにモンスターはいないのに……迷子かしらん?





???:念の為、出向くとしましょう。お二人も戦闘準備を。


男&女:はっ!





執事風の男:ウェストフォート防衛部総本山「五大頂」が一、“将軍Warlord”ルージュ様、出撃!


給仕風の女:おーっ!


ルージュ:有難う――……早く参りましょう。
















…………



















フォリア:おおよその事情は判りました。


だけど……なんで、メリーさんが襲われると?





サージャ:これは俺の予想なんだが――いいか?


フォリア:どうぞ、聞かせて下さい。





サージャ:まず、グリランドリーがSUに狙いを絞って襲撃をかけてる点。


恐らく、破損したグリランドリーの修復と精神の維持に必要な魔力を手に入れる為だ。


あの剣は100%フィジカルな物ではなく、半分くらいはメンタルな存在のようだからな。


フォリア:でも、以前は3年近く休止してたんですよね?


サージャ:あの、名も無い邪神の魔力を利用してたんだろう。


初めは残存魔力で食い繋いでたが、足りなくなって人から奪う事にした…ってところだろうな。


そして、もう一つ。





ジジイは、グリランドリーが“強力なモンスター”を狙って大暴れした、って言ってた。


これは別に犯罪でも何でも無い訳だけど……


腕試しやクエ品集めをしてた訳でもあるまい。


何か理由がある、そう考えるべきだろう?





フォリア:……魔力を奪う為じゃないんですか?


サージャ:そういう理由も、あるにはあるだろう。


だけど、ジジイに貰った資料では、魔力をあまり持たないメカ系も


かなりの数がグリランドリーの餌食になってたんだ。


フォリア:……そうか、強制憑依……!


サージャ:うむ。強力なモンスターを選んで、グリランドリーは





“自分の中に閉じ込めている”


恐らく、自らの戦力とする為にな。





――で、グリランドリーが何か目的を持って襲うとしたら


考えられるのはメリーさんとレッドしかいない。


フォリア:復讐?それとも目障りだから?


サージャ:そんな実の無い事をする程、馬鹿な連中には見えん。


多分、グリランドリーに器を与えるためだな。


フォリア:器……それって……


サージャ:ああ……グリランドリーの精神に適合する肉体と言えば、一人しかいない――。





アイツ……今度はメリーさんの体を乗っ取るつもりらしい……。
















…………




















レッド:ぜーっ、ぜーっ……な、何でこんなところにワイルドドラゴがいるんだよ……。


メリー:知らないわよ……大丈夫?


レッド:あ、ああ……ちょっと掠っただけだ……。


???:女に護られるとは……無様だな、欠陥品。


メリー:!?





レッド:だ、誰だお前は……!


メリー:そ……そんな…………


???:何も知らんようだな……そっちの女は気付いてるようだが。


レッド:メリー……?





メリー:何故、戻ってきた……!?


今更、一人のレッドに戻ろうというの?


それなら容赦は――


???:そんな恥の塊みたいな馬鹿男に用は無い。


邪魔するなら殺すが。





レッド:な、何だとこの野郎!ちょっとイケメンだからっていい気になりやがって!


俺にはちゃんと、レッドって名前が――


???:知ってるよ。俺も……いや――





俺こそが、本物のレッドなんだからな。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
管理人 こくてん
MMORPGエミルクロニクルオンライン
Cloverサーバーで活動中。
管理人室は ほぼ日刊で更新中。
連絡先は
bloodmoon495告hotmail.co.jp
(告を@に代えて下さい)

初めていらっしゃった方は
初めにを御一読下さい。

現在、更新を停止しております。
リンク
カレンダー
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
嘘サーガ

2011年4月1日の嘘記事の残滓

2012年4月1日の嘘記事の残滓

2013年4月1日の嘘記事の残滓
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   ECOSS   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB2  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]