忍者ブログ
したらばSSスレの倉庫 兼 ネタブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。















それから――私達の新しい生活が始まった。


レッドはウチに住ませる事にした。


事情を知る皆は、誰も反対はしなかった。




































フォリアとサージャは相変わらず


漫才しながら魔物や邪神を狩っていた。


私は武器防具の準備、という形で二人を手伝っている。





















































クホホ・クォーターズは解散。


こんな危険な戦いに協力してくれた3人は、ロクなお礼もさせてくれないまま帰って行った。


精錬成功率が極端に下がる副作用には、まだ気づいていないらしい。


いつか落ち着いたら改めて礼に行かねばなるまい。


結晶を手土産に。






















































一方クホホテップは、懲りずにフォリアの父や居候達を集めて


再度クォーターズを結成していた。


私の手の甲には、パワー・オブ・タタラベの紋章が残ったままだ。


……アルベルトでも勧誘してくれ、と切に願う。























































レッドは――みんなに見守られながら、順調に回復した。


兄さんが時々来て色々と教え込んでるし


似た境遇の御影さんとも、たまに話している。


フォリアも定期的に診察してくれる。


サージャは……下らないことを吹き込んでいる。
























































私は殆どレッドの傍で過ごしていた。


他愛もない会話をして、一日を過ごす。


昔の記憶は……本当に全く残ってないようだ。


記憶だけでなく、様々な面に欠陥は見られた。脱衣癖とか。


だけど、レッドは前と変わらず、温かくて、優しくて、格好良かった。


レッドの中で、一番好きな部分が残っていたから、私は何も悲しくは無かった。

























そして、翌年の春、4年前と同じ日――――





























私たちは再び――――






























































もう一組のメリーとレッドも


どこかで、二人一緒に幸せになってくれていればいい。


今では、心からそう思えた。












































サージャ:ジジイ、用って何だ?


セージマスター:ジジイと呼ぶでない。お主の方が何千倍もジジイじゃろうに。


サージャ:太祖や旧神や魔導書絡みかジジイ?


セージマスター:…………。


はぁ……相手は人じゃ。





サージャ:……人?


仕事回してくれるのは有難いけど、弱っちい相手は勘弁だぞ。


セージマスター:強いか弱いかは微妙なところじゃが…お主はこの依頼を受けねばなるまい。


……これが、そやつの写真じゃ。





サージャ:どれどれ――













……















レッド:たまには遠くに出掛けようぜ。


遺跡ばっかじゃ健康に悪いしな。


メリー:それは構わないが、まず服を着ろ。話はそれからだ。


レッド:はいはい。ウォーターレイヤーとかどうよ?





フォリア:いいんじゃないですか?


たまには、二人っきりでゆっくりして来るといいと思いますよ。


メリー:あれ、フォリアは来ないのか。


フォリア:ロボに蹴られて死にたくありませんから♪
















…………


















サージャ:……髪型は変わってるが…アイツに間違いないな。


で、コイツがなんだってんだ。辻斬りでもしてんのか。


セージマスター:うむ。今月に入って6人が襲われた。


サージャ:な……マジか!?


セージマスター:どうやら、魔力が目当てのようで、何れの被害者もそれなりに手練のSU。


手口は、剣の切っ先を僅かに突き刺し、魔力を吸収。


サージャ:肉体まで吸われなくて良かったな。


セージマスター:だいぶ前から、辺境の地で強力なモンスターに狙いを絞って大暴れしていたようじゃ。


理由は知らんがな。


幸い、被害者がSUばかりという事で、ワシのところで話を止めてある。


だが……そろそろ評議会も軍も気付くかもしれん。





そうなると……君の友人にも捜査の手は伸びるじゃろう。


全ての経緯が明るみに出るのも時間の問題じゃな。


サージャ:……キツいな。表沙汰に出来ない要素が多過ぎる。


セージマスター:うむ、ワシとしても、あまり軍に邪神とか魔剣とか知られとうない。





サージャ:……任務、了解した。


早急にコイツを探し出して――





――始末する。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
管理人 こくてん
MMORPGエミルクロニクルオンライン
Cloverサーバーで活動中。
管理人室は ほぼ日刊で更新中。
連絡先は
bloodmoon495告hotmail.co.jp
(告を@に代えて下さい)

初めていらっしゃった方は
初めにを御一読下さい。

現在、更新を停止しております。
リンク
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
嘘サーガ

2011年4月1日の嘘記事の残滓

2012年4月1日の嘘記事の残滓

2013年4月1日の嘘記事の残滓
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   ECOSS   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB2  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]